【WordPress】初心者ブロガーに必要なプラグインは6つだけ!

はてなブログからワードプレスへ引っ越しして
早2ヶ月経過したぱるぱるです。

関連記事

皆さんこんにちは 今日は、ご報告があります ここ1週間位 悩んでいたのですが 当ブログを ワードプレスへ引っ越しすることに 決めました。 ブログに興味を持ったのが 転職する前なので今年[…]

はてなブログでは、できなかったカスタマイズができるので
記事もそこそこに、設定をいじりまくってます。

ぱるぱる
ブロガーさんなら気持ちわかるよね・・・?(切実

カスタマイズって楽しいですよね!ただ、初心者ゆえに見落としてしまう
ページスピード』を皆さん意識していないと運営に支障が出ることがあります。
ページスピードとは、ウェブページの読み込み速度と呼ばれるものですが、
この速度、ワードプレスで使用するプラグインが大きく関係してます。プラグインひとつで速度が大きく変わるため、実は有効化する際には注意が必要です。
スマホアプリと同様に容量が重いもの、ほかのアプリとの相性が悪いものなど様々です。
今回は、最低限必要なプラグインと実は不要なプラグインをご紹介したいと思います。
ブログをはじめたばかりの方にはぜひお読みいただき、快適な運営につなげて頂ければと思います。

ぱるぱる

スピード改善したリアルをかいていきますよー

必要なプラグインは、この6つだけ!

名称とざっくりとした説明を載せておきます

Ad Insenter:アドセンス広告を設置し解析できる便利すぎる鉄板プラグイン
classic Editor:投稿する記事ページ編集画面が書きやすくなる
Edit Author Slag:運営しているページのユーザー名漏洩を保護する
Google XMLsite map:検索エンジンにクロールしてもらうためのもの
IP Geo Block:スパム対策!互換性も◎
Rinker:商品のリンク作成ができるもの。「カエレバ」みたいなもの
私のブログは「ザ・トール」で、デフォルトでSEO対策が万全なので最低限のプラグインで十分です。

不要だったプラグインたち

当初は有効化してたけど、消しても問題なかったよ。
Anismet Anti-Spam:スパム対策。動作が重くなるらしい。
siteguard WP Plugin:セキュリティ対策。消すのに迷いましたが今は不要かなと。
Google font:可愛いフォントが良かったのですが、驚くほどサイトが重くなる。
wp multibyte patch:初めから入っていたけれど消しました。
All in Seopack:内部SEO対策。これも重いです。

上記は便利なプラグインとして、入れていましたが速度を遅くなることで有名な『重いプラグイン』であったので消し、別のプラグインで対応できるもので速度変化を試みました。例えばスパム対策としてのAnismet Anti-Spamは、IP Geo Blockで代用でき速度も遅くならずサイトに悪影響がないとの口コミを見て変更してます。

読み込み速度を確認してみよう

正式名称『PageSpeed Insights』と呼ばれるwebページを読み込む速さのスコアがわかる指標

自分のサイトの速度を調べる!

皆様、こんな経験はありませんか?ネットで調べ物をしているとき、なかなか読込が悪いと「別のサイトで見てみよう」って・・・。これです。ページの読み込みに時間がかかるとユーザーの離脱率高まります。つまり自分のサイトにせっかくアクセスしてもらっても、読み込みが遅いがためにユーザーが別のサイトに飛んでいくことです。この行動、ブロガーとしてはぜひ避けて 周回率をあげることが必要です。

劇的に変わったページの読込速度

私がプラグインを変更してからのページの読込速度を、比較してみます。
まずはプラグインを有効化しまくっていた結果。
パソコンでの速度は緑ゲージ。98%で全く問題ないですね。

次にモバイル。一番下の赤ゲージ!しかも41って壊滅的な遅さ。

ページスピードインサイトでは
目で追うことができないページも下記のように確認することができます。

速度を改善する方法として、様々なことが書かれていましたが
とにかく軽くしたい一心でしたのでプラグインをバンバン消去(必ずバックアップを取りましょう)

最終的には、真ん中のゲージにまで戻りました

ぱるぱる
目を血走らせながらやった甲斐があった・・・!

いかがでしたでしょうか?はてなブログではできなかったカスタマイズを、WordPressでは数多く出来るので、つい便利なプラグインを入れてしまいがちです。ページの印象も大切ですが、重要なのは「記事」であることを忘れずに運営をしていきたいですね

最新情報をチェックしよう!