ぱるぱるの挑戦はつづく

人生ひよっこな20代女性による就職転職・観光・自己啓発・体験談など気ままに投稿してます♩

転職活動の成功に至るまでの道のり

こんにちは

ぱるぱるです

皆様に発表があります

約6ヶ月間の福祉関連の仕事を中心に

転職活動を

していたのですが
ようやく終止符を打ちました。

そう、ついに・・・ついに・・・

内定をいただきました★★★

自分のもっている

社会福祉士の資格を活かしたいと

思い活動をすすめていたのですが、

www.paruparux.com

福利厚生などの待遇など

折り合いがあわなかったり、

不採用通知をもらうなど

色々なことがありました。

今回は転職活動の成功に

むけ体験した事を

振り返りつつお話したいと

思います。

「転職活動って不安」

「仕事早く決めないと」など

感じている方の参考に

なれればと思います。

転職活動を開始

まずは失業保険の申請。

退職した会社で失業保険に

入っていたため、この制度は

本当に助かりました・・・!


www.paruparux.com


新たな資格取得は考えなかったため

自分のもっている資格を活かした仕事

または自分の興味ある分野

で気軽に働けるパートを

考えました。

働き方も正社員から

派遣、非常勤、パートと

様々あり

一人暮らしの時であれば

正社員バリバリ★でも平気でしたが

同棲となると

家事もやらなければならない・・・

そう思うと

パートの方が良いのかなど

結構悩みました!!

しかしこういった「悩み」も

今までしていた仕事から

離れたからこそ、

じっくり考える時間もできた

貴重な経験だと思っています。

「自分は何がやりたいか」

「自分には何ができるのか」

特に20代後半に

考えることなのかなぁ・・・

なんて思いながら活動していました


転職活動成功までに経験した事

f:id:paruparux:20190506001528j:plain

同棲生活
(→時短料理や万能調味料を覚えた)

メルカリ出品
(→★260達成。売り上げ30万超え)

ブログ開設
(現在Googleアドセンス結果まち)

親族と過ごす時間を
(親や甥っ子が主に)

旧友との再会
(ブログをきっかけに10年ぶりに再会)

病院受診
(親知らず抜歯、眼鏡作製)

図書館通い
(彼から勧められた著名人の本を借りまくる)

簡単にまとめるとこんな感じです。

1日 24時間あるうち

普段仕事をしていると

自由な時間は、

夜の数時間しかありませんが

転職期間中は

大げさに言うと

24時間自由な時間があります。

もちろん同棲をしているので

家事の時間をひくと

24時間もありませんが

仕事をしていたら

できなかったことを

この半年間で体験できた事は

私にとってすごく

意味深い物になりました。

転職活動期間にできていたこと

これからは少なくなっていくのかな

とマイナス思考に陥りますが、

今後はいかにスキマ時間をつくって

自分にとって

意義ある時間にするかが

大事なんだと思います。


転職活動の内容

私の場合は

医療・福祉関係で

自宅近く、福利厚生が

好条件の場所を探しており

見学:4カ所

(デイサービス、病院2カ所、特養)

採用試験を受けた回数:4カ所

(社会福祉協議会、

特養、地域包括、市役所)

不採用:2カ所

採用:2カ所

正直にいうと

「福祉での経験もあるし

一発採用でしょ」なんて

甘く見ていました。

そういった態度が

みられていたのではないかなと

今になって思います。

見学のときに

びしっとスーツをきていても

自分では意識していない言動などの

態度で相手に伝わってしまいますから

やはり「中身」が重要なんだと思います。


内定をもらった経緯

内定をいただいたのは

「地域包括支援センター」と呼ばれる

地域に住む高齢者の困った時の

相談役のような場所です

d.hatena.ne.jp

ハローワークからの紹介だったのですが

採用人数が「1名」

これまでに数件 不採用を

いただいていたため

あのときの自信はなくなっていました。

面接から内定までの流れを

お話ししますね。


ー 面接当日 ー

・ハローワークからの紹介状
・履歴書
・職務経歴書
・資格者証

をもち、いざ面接へ!

車にのりマップ検索♩

「順調♩順調♩」と

意気揚々。

しかし15分のはずが

なかなか場所に着かず

おかしいなと思って

場所を確認したところ

名称を間違って

ナビにセットしていたことが発覚

「おわった」

と思いつつ、面接時間に

遅れる連絡をいれなければと

電話。

結局、面接会場についたのは

予定時間より40分おした時・・・。

「完全におわった」

と思いながらも入り口に入り

面接開始。

そのときにいわれたのが

「実は、ぱるぱるさん含めて

4名試験にこられているんですよね。

ただ枠的にも1名しか採用できないんです。

万が一、不採用になったとしても

来年度にまた声かけさせてもらうとか

いいですか?

あ、これは皆様に伝えている事なんですけれどね」と。

「え、、、社交辞令・・・?(心の中)」

来年の事なんてわからん、

どうせ落ちるんやろと思いながら

「はい」と伝え面接会場を後に。

で、結局不採用だったんです。

まずもって面接に遅れた事が

響いているんじゃないかと

感じた訳ですよ。

ただ落ち込んでいられないので

別の会社を受けていたんですよね。

棚ぼたは急にやってきました。


ー 1ヶ月後 ー

私の携帯に1本の電話が・・・。

なんと不採用を受けた

地域包括から電話!!!

欠員が出る予定があり

相談業務経験があるということを

かってもらえたとのことでした。

不採用からの採用ルートがあるなんて

思っても見なかったため

本当に嬉しかったです。

先日、オリエンテーションに参加

してまいりましたが

社風がよさそうな雰囲気です。

実際はいってみないと

わかりませんが

館内にはオルゴール音がながれ

ばたばたとしている人も少なく

笑顔で挨拶を返してくださる方が

多い印象だったので、

そう感じました。

一度、「不採用」でも

棚ぼた的な果報があるものですね。

これまでの経験を活かせる仕事に

つきたいと思っていたので

今後も日々勉強しながら

頑張りたいと思います!!!


まとめ

転職活動期間中は

自分の適材適所を見極める以外にも

これまで踏み込めなかった

世界に一歩ふみだすことができます。

私の場合は

ブログやメルカリなどが

重きを置いていましたが

人それぞれ

やりたいことってあると

思うんです。

もちろん仕事をしていないと

給与が発生しないため

焦りを感じますが、

家に居ながらにして

稼げる方法はないかと

探求するのもまた

楽しみでもありました。

ただそういった

ストレスフリーな生活を

送ることができ、かつ

このような経験が出来たのは

親族や同棲をしている彼の

存在が大きかったです。

自分の背中を押してくれる存在は

大切にしなければ

ならないと切に思いました。

仕事をはじめることもあり

ブログ更新が遅れる事も

あると思いますが

今後とも宜しくお願い致します♩

それでは◎

プライバシーポリシー