賢く節約したいプレ花嫁必見!県民共済ブライダル(ドレス試着)

先日、洋装の衣装合わせに行きました。
県民共済で式場予約すると、衣装合わせや小物などは
埼玉県さいたま市北区に店舗がある「県民共済ブライダルセンター」で行います。今回はブライダルセンターで行なった衣装合わせ(試着
)を写真とともにお送りします
衣装代は新郎新婦合わせて10万円の節約も夢じゃない!
賢く節約したい「プレ花嫁さん」必見ですよ!

新婦のドレスは、1着18000円〜

ウエディング・カラードレスには、レギュラーハイグレードから選べます。
レギュラーであれば1着18000円 ハイグレードであれば38000円です。
通常の式場だと1着10万円〜が当たり前なので県民共済がいかに格安で提供されているかがわかります。

個人的な意見としては、ウェディングドレスはレギュラータイプのものでもサイズが合ってしまえば形の良いものが多いです。しかし、カラードレスの場合はレギュラーとハイグレードだとドレスの色やデザインなどに差があるなと感じました。
単色使いのタイプやとにかくフリルがついたドレスなど癖があるドレスがあるかなという感じです。
試着できる回数も限られていますので、慎重に考えて試着することをお勧めします。

改めて言いますが、カラードレスに関しては「ハイグレードがオススメです。

利用の流れ

  1. 下見は予約不要県民共済未加入の方も見られます
  2. 衣装合わせは予約制!(洋装なら半年前〜30日前まで試着可能)
  3. 衣装合わせ当日、新婦は肩ひもの取れる下着ストッキング持参!
    新郎は薄手のTシャツ薄手の靴下を持参(着用しててもOK)
  4. 挙式前日に指定場所へ衣装を届けられます(往復送料は自己負担
  5. 衣装の返却はクロネコヤマト窓口に持っていく
  6. 清算

注意点)試着には回数が限定されています。
1カップル3回まで初回は2時間2.3回目は1時間と決まっています。
初回は、カラードレス2着ウェディングドレス2着を着用できました。
新郎のタキシードに関してば回数制限なしで試着できます◎

実際に着用(新婦)

▼ウエディングドレス①

▼フロントのレースが可愛い

 

 

▼ウエディングドレス②

▼カラードレス①

 

▼カラードレス②

注意すべき点ですがグレードサイズ
7号から13号までサイズ展開がありますが、ドレスによって7号までしかサイズ展開がないものもあります・・・。ちなみに私の場合は11号で、カラーとウェディングドレスとも第1・第2希望はサイズが合わず合わず泣く泣く断念しました。
試着の際は1組につき、必ず1名着付けの方がつきます。体型や雰囲気に合ったものを選んでもらえてりもします。試着後、自分が気に入った方のドレスを着付けの方に伝えた後、軽くヘアセットや小物類をつけて実際のウェディングドレスを着たイメージを想定した組み合わせで小物合わせていきます。

新郎のタキシードは、1着15000円〜

新郎の衣装は、シルバー、グレー、シャンパンゴールド、デニム生地など種類豊富に取り揃えられています。LANVANなどのブランドのタキシードもあ流ため必見です。
試着回数がないため、時間内にはたくさん着用することをお勧めします。
さて彼が試着したタキシードたちです。

実際に着用(新郎)

▼王道のグレー

▼ゴールド系

▼ネイビー

いかがですか?新郎のタキシードも素敵すぎて迷っちゃいますね。

2人の試着を前撮風で撮影してくれます!

新郎・新婦で撮影もしてくださいました〜

試着の2時間あっという間でした!
衣装・小物の選択肢が鍵らていることと、小物の追加料金がかからないため安心して試着に専念することができました!

安い!衣装代は、2人合わせて10万円!

さて気になるトータル料金ですが、衣装はなんと10万円を切りました!

  新婦 19800円+41800=61600
+ 新郎 31900(衣装チェンジなし:1着)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
→ふたりで93500円!!!!!!!!!!!

▼この衣装に、上で着用した白ドレスでこの金額となります!

安すぎるのには裏がある?

はっきり言ってありません。笑
通常の結婚式場と比べて、大衆の味方的な県民共済さん。勝手にQ&Aです。

衣装が安すぎるのは心配。

県民共済の衣装は、式場や高級ドレスショップと同じメーカーから仕入れているため、トレンドを押さえながらも高品質なドレスが選べます。同じメーカーから同じ衣装を仕入れているのに価格が抑えられるのはコストに加える利益額が決定的に違うためです

 

お店にある衣装が届くの?

お店に並んでいるのは試着用。実際に着用するのは専門のセットセンターで保管しているため、貸し出し前にはクリーニングされた衣装を用意してもらえます。

 

小物はオプションで別途かかるの?
新婦の場合、ドレス料金の中に
ベール、ティアラ、ネックレス、イヤリング、グローブ、シューズ、パニエが含まれているため別途かかりません。
自分で用意するものはブーケ、ビスチェ、フレアパンツ(スカートの下に履く白いツルツル素材のパンツ)・ストッキングのみとなります。

なお、ブライダルインナー(ビスチェ)は一般的に1着20000円が相場と言われていますが、これも県民共済でなんと5000円購入することが可能です(マタニティ用も完備)。
新郎の場合は、タキシード料金の中に
ワイシャツ、シューズ、ネクタイ、手袋、サスペンダー、ポケットチーフ、カフスボタン、アームバンド、コサージュピンがタキシード料金に含まれています。
自分で用意するものは、ブートニア、靴下、ステテコ、Uネック半袖シャツのみとなります。
小物って自分で準備するの億劫だし、オプションつくと結局高くなりがちなんですがさすが県民共済さんです。

安かろう悪かろう・・・では無いんです。
県民共済加入者にとっても優しいシステムなので、衣装のみ借りたい方にもお勧めです。
現在、共済に加入されていない方でもドレス見学できるため興味のある方はぜひ参考にされてくださいね♪

▼可愛いプチギフトもオススメ

最新情報をチェックしよう!