お金の”常識”を 見直すきっかけになった本をご紹介♩「金持ち父さん、貧乏父さん」

ぱるぱる
読書っていいよね

こんにちは ぱるぱるです◎

突然ですが、皆さまは1日に

どのくらいの時間 読書をされますか?

最近発表されたニュースによると

社会人の約7割が1日の読書の時間は、

「30分未満」だそうです

驚きですよね!!

本を読むということ以外に情報を得る方法は、

数多くあります。

逆に本でしか得られない情報もありますがね♪

昨年までわたしは、日本小説を読む事が多かったのですが

ここ最近は、経済系の本や著名人の本を

手に取ることが多いです

今回の記事では、最近出会った本「金持ちと父さん貧乏父さん」に

ついてご紹介したいと思います。

ズバリお金との付き合い方が変わりますよ!

お金の常識を見直すきっかけになった本

本の帯にも書いてあるのですが

「お金と人生について一度は読んでおきたい本」

つまり お金の教科書、ですね♩

学校では、法律に則って国語や算数などを

学びますが お金に関する教育は

授業では行われません。

大多数の方が、お金の教育は親から見聞きしたり、

教えてもらう事が多いと思います。

しかしそのお金の教育や、固定観念が

覆されるような内容が書かれています。

初版か400万部超えの本となっており

ご存知の方は多いと思います。

どんな方が書いたの?

ロバートキヨサキ氏は

起業家・投資家・教育者という

肩書きを持っておられる方。

幼少期は、一般的な家庭に生まれるも

現在は、幼少期のお金に関する学びから

徐々に経済的自由になり

幅広い分野で活躍をしておられるようです

もちろん講演やシリーズ本も

数多く世に出しています

10年たった今でも読まれ続ける本って

すごいですよね。

概要としては、
ロバートキヨサキ氏は、幼少期時代お金に関する教育を
2人の父に教わりました

1人は実の親(貧乏父さん)

もう1人は友人の親(金持ち父さん)です。

実の親からは、

「勉強をしろ、そうすればいい会社に入れるから。」

と言われます。一方、

友人の親からは、

「勉強をしろ、そうすればいい会社を買う事が出来るから。」

正反対の事を教える2人の父親に対して

疑問を抱きますが、ある体験を通して

自分が苦労せずにいかにお金を増やす事が出来るかを

学んで行く様子が描かれています

こんな人にオススメ!

  • 貯金(または資産)を増やしたい!
  • お金持ちの人がどのようにしてお金をつかっているか知りたい!
  • 会社勤めしんどい。独立したい!・・・かも。
  • 経済の本よんでみたいけど、面白い本が良い!
最新情報をチェックしよう!