【結婚式】簡単!100均アイテムでゲストカード入れを作ろう♩

  • 2020年4月13日
  • 2020年7月12日
  • 結婚

結婚式に手作りアイテムを作る方は多いですよね。

ゲストの出欠をとる「芳名帳(ゲストブック)」も、

手作りにする方多いのではないでしょうか?

芳名帳は式場でも購入することができますが、

ぱるぱる
せっかくなら不器用でも手作りしたい!

だって思い出の品として残りますからね!

簡単で華やかなものがいい!けれど値段は抑えたい

という気持ちから、今回100均グッズで手作りしてみました。

完成したのが、これです★

合計400円でつくれちゃいました

今回は、簡単で可愛い!芳名帳の作り方をご紹介します

スポンサーリンク

芳名帳は2種類タイプがある

結婚式で使用する芳名帳は2種類あります。

ゲストが受付時に記帳するタイプ

招待状に同封したカードを当日持参してもらう

カードタイプです(葉書よりも少し小さめサイズ)。

記帳タイプが主流ではありますが、最近は芳名カードタイプも増えているようです◎

今回は、ゲストカード入れをつくっていきます

材料は、全部100均でそろいます

材料は、こちらです

  • 2リングアルバムLキルト風(seria 100円
  • チュールレース(ダイソー)
  • サテンリボン(フライングタイガー)
  • グルーガン
  • ビーズ(真珠風の小ぶりなものがおすすめ!)

以上です笑

サテンリボンやチュールレースは、

100均ではなくても手芸店のが種類豊富です◎

作り方

まず、グルーガンを温めます

▼バインダーにサテンリボンをファイル中央あたりにのせて、

貼り付ける場所を決めます。

 

▼グルーガンを使い、リボンをノートに貼り付けます。

この時、リボンに一度のグルーガンをつけるのではなく

端→真ん中→端で分けてつけると真っ直ぐ貼れて

ずれることなく綺麗に貼れます

▼立体的で華やかなリボンにするために、

長さを変えたリボンを輪っかにします。

4つか3つくらいだと、綺麗にまとまります

※輪っかにする際は、グルーガンよりも手縫いで仮止めっぽく縫うのがおすすめ。

長さを微調整する際、簡単に外せます。

今回は4つの輪を作りました

 

▼4つ重ねて、真ん中を指で抑えます

 

▼バランスを見ながら、ココ!と思うところで

真ん中を糸でググッととめます。

この時に、真珠風ビーズをつけると華やかさが増します

 

▼バインダーにも、レースをつけていきます

先ほど作ったリボンをはりつけたら、完成○

カードタイプにした5つの理由

  • 受付をしてくれる友人の負担を減らしたい
  • 行列時間を減らしてスムーズに案内したい
  • ゲスト側の緊張を和らげたい
  • 式後はそのまま持ち帰って住所録としても活用できる
  • できるだけ小さいサイズが欲しかった

芳名帳だと1人ひとりに氏名、住所を書いてもらうため、受付が混み合ってしまいます

また、ゲスト側のことを思うと記載してる間

受付の人から書き終わるまで見られていると感じるので(自分だったら)ちょっぴり緊張します。

ゲストカードであれば

お祝いの挨拶ゲストカードと御祝儀を預かる席次表を渡す

流れになります。

記帳するタイプよりもアクションが減る

つまり受付をする友人もゲスト側も負担が減るのです♩

受付で回収し、ファイリングすることで

式後に持ち帰る際も荷物に紛れる心配もありません

ぱるぱる
ちょっとの工夫で気持ちに余裕を持つことができるね

という理由から

予め必要箇所を記入して結婚式の時に持参してもらうゲストカードを採用しました。

いかがでしたでしょうか?

簡単に作れるので、ぜひ参考になればと思います

結婚式のイメージに合ったとっておきのものをつくりたいですね